株式会社シーマイクロ
アソビシャス通信

バレーボール部 ・ 卓球

 かつてやっていたスポーツをやろうと思っても、社内に経験者がいなかったり、もっと本格的にやりたかったり。
 そんな場合には、社内に限らず社外のサークルに所属して活動。これも、シーマイクロの休日の過ごし方です。
 そして、仲間のいるチームが試合となれば、社内のみんなで応援に駆けつけます!

<バレーボール>
 中学からバレーボールを続けています。社会人になってもやっぱり体を動かしたくなり、いくつかのチームに仲間入りさせていただいています。
 私にとってバレーボールとは、運動不足解消、ストレス発散など、自分の生活には欠かせないものとなっています。
 また、バレーを通じての人との出会いはかけがいのないものです。
 1つの目標に向かってチーム一丸となり練習し、試合に勝つことは快感です。
 チームプレーの難しさ・楽しさなどさまざまなことを学んでいます。
 歳をとるにつれ、体は思うように動かなくなりますが、少しでも上手になろうと頑張っています。
 〈T・F〉

<卓球>
 かつての世界チャンピオンの人が、「卓球は、100m走をしながらチェスをするようなスポーツ」と表現したことがあるように、卓球は運動量、瞬発力、判断力、戦略などが要求される想像以上にハードなスポーツです。
 と前置きはさておき、本当に卓球をしてハードだと感じるには、ある程度のスキルが必要なのですが、幸い?今の私はまだまだスキル不足なので、逆に卓球が楽しめていると思います。
 私自身、学生時代に部活動で卓球をしておりましたが、卒業後、卓球からは遠ざかっていたました。
 また、機会があればやってもいいかな程度に考えていましたが、たまたま、今流行りのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、近くに小さな卓球のクラブがあることを知り、昔の情熱が湧き上がってまいりました。(その日の練習に、そのまま飛び込みで参加してしまったことが懐かしい…)
 現在私が練習しているクラブは社会人リーグに所属しており、それほど大きくもないクラブですが、皆が一丸となって上の部に行けるようがんばっています。
 目標に向かってみんな直向きに頑張る。何だかシーマイクロとよく似てるんです、うちのクラブ。
 とにかく、オンタイム、オフタイムとも完全燃焼の私です。
 あっ、それから、クラブを見つけるキッカケをくれたメンバーに、感謝です。
 〈Y・I〉
 
地方で成功を目指す意義 志事人のOFFタイム「アソビシャス通信」