株式会社シーマイクロ
アソビシャス通信

ラフティング

 激流に飲み込まれないようバランスをとりながら専用ゴムボートで川を下っていくラフティング。
 少々危なっかしいように見えますが、自然と触れ合いながら、自分を鍛えられるアツいスポーツです。
 四国では、徳島県の吉野川にある大歩危小歩危峡で盛んに行われており、ここは日本でも有数の激流を誇る全国的にも難易度の高いラフティングスポット。
 シーズンになれば、たくさんのラフティングプレイヤーが挑戦しにやってきます。

 最初は自然が好きで、キャンプついでみたいな軽い気持ちで始めたのですが、これがおもしろくて。
 それからというもの、各地の川へでかけ、いろんな激流と闘ってきましたが、徳島県の吉野川にある大歩危小歩危峡。
 日本でも有数の激流で、ここでのラフティングは最高に面白いです。
 身近にある川を下ること自体が、非日常的な行為なのですが、激流の中で次々に迫ってくる瀬で、大きな波を全身に浴びながらラフティングをすれば、日常の喧騒なんか、一発で吹き飛んでしまい、ラフティングが終わった後の筋肉痛は、いつしか爽快感に。
 まだまだ普及しているスポーツとは言えませんが、近年、日本各地で業者による商業ラフティングが盛んに行われるなど、次第に知名度も高まってきました。

 もっと刺激的な趣味やスポーツがしたい人に、オススメです。
 〈M・M〉

 
地方で成功を目指す意義 志事人のOFFタイム「アソビシャス通信」